2010年02月04日

鳥取不審死 上田容疑者 家電購入直後に転売 水死男性、頻繁に督促(産経新聞)

 鳥取の連続不審死で、強盗殺人容疑で逮捕された元スナック従業員、上田美由紀容疑者(36)が、水死した電器店経営、円山秀樹さん=当時(57)=から購入した家電製品を直後に転売していたことが30日、鳥取署捜査本部の調べで分かった。円山さんは殺害される直前、上田容疑者に何度も代金の支払いを督促しており、捜査本部は上田容疑者が追い詰められ、犯行に及んだとみている。

 捜査本部によると、上田容疑者は昨年8月18日から9月2日にかけて、円山さんから洗濯機やテレビなど家電製品計12点を123万円で購入。この直後、同居の男(46)=窃盗罪などで起訴=と鳥取市内のリサイクル店で転売した。

 円山さんの遺族らによると、上田容疑者と男は6回にわたり円山さんから家電を購入したが、代金140万円余りが未払いだった。2人は督促に応じず、円山さんは10月に入ってから上田容疑者の携帯電話に9回、男の携帯電話にも3回電話していた。上田容疑者の元弁護人によると、事件数日前に円山さんが上田容疑者宅を訪れていたという。

 捜査関係者によると、円山さんは昨年10月6日午前8時ごろ、「集金に行く」と家族に告げて車で外出。上田容疑者宅に立ち寄った後、鳥取市内の摩尼(まに)川まで行ったことがカーナビの走行記録で確認されている。

 6日午前9時ごろには事件現場近くに円山さんの車が止まっているのが、近所の住人に目撃されており、住人によると、この約30分前には車はなかったという。円山さんは翌7日午後2時ごろ、目撃現場近くの川で遺体で見つかった。

 捜査本部は、一連の状況から円山さんが午前8時半から9時ごろの間に殺害された可能性が高いとみて、詳しい経緯を調べる。

<映画>興行収入2000億円突破 3年ぶり、史上2位(毎日新聞)
正座1時間、平手打ちなど15回…小1虐待死(読売新聞)
元タクシー運転手を殺人で再逮捕 警視庁 (産経新聞)
<薬害C型肝炎>新潟の50代女性 給付金の対象に(毎日新聞)
【施政方針演説】全文(4) 危機を好機に−フロンティアを切り拓く−「ピンチをチャンスに」(産経新聞)
posted by 富樫和夫 at 23:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。