2010年02月04日

松沢知事の著作権侵害認める 12万円賠償命令(産経新聞)

 松沢成文神奈川県知事の著書に類似する表現があり著作権を侵害されたとして、ノンフィクション作家の山口由美さんが、松沢知事と講談社に著書の印刷や販売の禁止と約690万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が29日、東京地裁であった。大鷹一郎裁判長は松沢知事らに印刷・販売の禁止と12万円の損害賠償を命じた。

 問題となった本は「破天荒力 箱根に命を吹き込んだ『奇妙人』たち」で、平成19年に同社から出版された。山口さんは、14年に出版した自署「箱根富士屋ホテル物語」の表現に酷似している部分があると訴えていた。

 大鷹裁判長は、松沢知事の著書、約240ページのうち、「2行が著作権侵害にあたる」と指摘。松沢知事の著書が約1200万円の売り上げだったことから、損害額を5万円と算定。これに慰謝料5万円と弁護士費用を加えた。その上で、「この2行を削除しない限り、印刷や販売をしてはならない」とした。

【関連記事】
「有害サイト遮断ソフトは著作権侵害」米社が2千億円賠償求め中国を提訴
守れ!ネット著作権 法改正で無許可ダウンロード違法に
渡辺淳一さんが北京の出版社と和解
「違法DLでネット切断、国内でも可能か議論したい」JASRAC菅原常務
ウィニー逆転無罪 上級審でも基準明確化を

居酒屋に車突っ込み4人けが、1人心肺停止(産経新聞)
殺害準備の過程を詳細に書き込み「準備完了」(産経新聞)
川内原発事故、1人死亡=点検中に火花、負傷6人−鹿児島(時事通信)
パロマ中毒事故、初の和解…遺族側へ8600万(読売新聞)
NHKの福地会長、改めて辞意認める(産経新聞)
posted by 富樫和夫 at 01:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。