2010年01月30日

「辺野古に基地造らせぬ」=稲嶺次期名護市長が決意強調(時事通信)

 沖縄県名護市長選から一夜明けた25日朝、初当選した稲嶺進次期市長は地元ラジオなどの番組に電話で出演し、米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)を名護市辺野古のキャンプ・シュワブ沿岸部に移設する現行計画について「今回初めて(移設反対派が勝利した1997年の)住民投票の結果と同じ答えが出た。選挙戦で市民に約束した通り、辺野古の海に新しい基地は造らせない」と反対を貫く決意を改めて強調した。
 稲嶺氏は「市議会も市民も一緒に政府に(移設反対を)訴えていきたい」と表明。勝因に関しては「保革を超えて大同団結したことが大きな要因ではないか」と語った。 

【関連ニュース】
「基地検討委の結果待つ」と沖縄知事=宜野湾市長「県外移設に弾み」
宮崎市長に戸敷正氏が初当選
平野官房長官の発言
名護市長に稲嶺氏=普天間反対「公約を貫く」
勢いづく「県外派」=狭まる選択肢

<賠償訴訟>被告所持品の返還拒否は違法 東京地裁判決(毎日新聞)
普天間代替 退路断たれた政府 「5月決着」微妙に(毎日新聞)
女性死亡で押尾容疑者を起訴=保護責任者遺棄−裁判員裁判に・東京地検(時事通信)
辺野古案への反対貫く=稲嶺氏(時事通信)
<ポリグラフ検査>「誓約するのは抑止力になる」北沢防衛相(毎日新聞)
posted by 富樫和夫 at 19:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。