2010年01月13日

不明漁船の捜索を継続=10人乗り、長崎・五島列島沖で−7管(時事通信)

 長崎県・五島列島沖の東シナ海で、10人が乗った底引き網漁船「第2山田丸」(113トン)が行方不明になった事故で、第7管区海上保安本部(北九州市)は13日も、巡視船による捜索を続けた。同日早朝からは上空からの捜索も再開、不明の船体と乗組員の発見に全力を挙げた。現場には雪が降り、波も高いため捜索は難航している。
 7管によると、第2山田丸は日本人男性4人と中国人男性6人が乗り組み、韓国・済州島付近の漁場に向かったが、12日午前3時50分ごろ、五島列島・福江島の大瀬埼から北西約85キロの海上で連絡が途絶え、行方不明になった。
 同日午前5時ごろに僚船が転覆した無人の救命いかだを発見。上空から海面上の油も確認したことから、7管は沈没した可能性が高いとみて海上の捜索を続けていた。 

まさおのブログ
z8k9kzhlの日記ブログ管理ツール
クレジットカードのショッピング枠を現金化 
クレジットカード現金化 還元率
即日現金化
posted by 富樫和夫 at 21:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トキ、石川にも愛の巣…佐渡から引っ越し(読売新聞)

 佐渡トキ保護センター(新潟県佐渡市)から、いしかわ動物園(石川県能美市)に移送された2組のつがいのトキ4羽が9日朝、同園のトキ専用ケージに放たれ、繁殖に向けた飼育が順調にスタートした。

 鳥インフルエンザなどの感染症対策として環境省が進める分散飼育の一環。佐渡で5羽のヒナを育てた経験がある8歳雄と6歳雌の既存ペアと、同園で新規ペアとなる5歳雄と2歳雌が移送された。

 4羽は8日、輸送用木箱に入れられて佐渡からフェリーと車を乗り継ぎ、約9時間かけて運ばれた。夜間の放鳥は難しいため、8日は箱に入れたままにし、9日午前7時半頃、ペアごとに分けられた飼育スペースに移された。健康チェックでは、4羽とも正常だった。

 新しい環境に驚いて飛び立ち、障害物に当たってけがをしないよう4羽の翼の一部には数日間テープが巻かれ、高く飛べないようにしている。それでも、4羽は池でエサのドジョウを食べ、高さ約40センチの止まり木に移るなど元気な様子を見せているという。17日からはビデオカメラによるトキのライブ映像公開が始まる。

 4羽は来月下旬にも繁殖期を迎える。繁殖が順調に進めば、3月下旬から4月上旬に卵が産まれ、5月上旬頃ヒナが誕生する。ケージ内では、卵が落ちて割れるのを防ぐため、巣台の下に落ち葉を敷き詰めた「卵キャッチャー」を設置するなど、2世誕生に向けた準備が整えられた。

 飼育担当技師の野田英樹さんは、「まずは飼育員をトキに認識してもらうことが大事。現在は予想以上に落ち着いており、繁殖期までには慣れてほしい」と話した。美馬秀夫園長は「近縁種などで培った飼育繁殖技術を生かしたい」と意気込みを語った。

やすはるのブログ
カサゴ姫
債務整理
ライブチャット
自己破産
posted by 富樫和夫 at 12:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。